野田総理、意外にやりますね

  • 2011/11/25(金) 08:17:53

TPP参加への運び方。
なかなかのものでした。
決断も出来るのですね。

ただ、アメリカと国家官僚に追随しているだけという、
感触も否めないものがあります。

ですが、日本における安定した政治というものは、
結局その路線しかないのかもしれません。

国家官僚は表には出しませんが、結局アメリカ追随です。
その巧妙にアメリカに支配されている状況は、
アメリカという国の懐の深さを感じさせます。

ロシア、中国という大国に隣接している現実の中で、
最大限に国益を維持している外交的手段は、
「アメリカ追随」しかないのでしょう。

日本が真に独立できる実力を持つ日までは、
アメリカ追随に見えるが、実はアメリカを利用している、
そんな賢い政略で進んでほしいものです。

野田さんも、国家官僚も実はこの考え方なんでしょうね。

<<総理、決断できないですか | ホーム |

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

<<総理、決断できないですか | ホーム |

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

HOME |